2006年10月11日

手打ちうどん作り 後編

***昨日紹介した手打ちうどんの続きです***

麺を休ませてる間にメニューを検討… 
とりあえず定番の釜玉ともう1品作ろうってことで一致。

いざスーパーへ。そこでで見つけた大好物のに旦那のテンションが上がりっぱなし。
今期初の鴨、値段は高めですが奮発しますか。o(・д´・+)

旦那 「これ買って鴨せいろにしようよ」

私  「汁物も食べたいから鴨なんばで良いんじゃない?」
旦那 「絶対鴨せいろの方が美味しいって!」

そんなこんなで3品作ることになりました。どれが1番美味しいか勝負です!

材料

(釜玉)
 天かす   適量
 ねぎ    適量
 卵の黄身  1個分
 醤油    適量

(鴨なんば)
 白ねぎ   1/2本
 鴨肉    50g

 だし    500cc
 醤油    大2
 塩     少々
 砂糖    小1/2
 みりん   大1

(鴨せいろ)
 白ねぎ   1/2本
 鴨肉    50g

 だし    200cc
 めんスープ 20cc
 塩     少々

だしはいつもの昆布とかつおです。

作り方

まずは「釜玉」。作り方はもちろん茹で上がった麺に具材を乗っけるだけ(笑
大胆に混ぜ合わせて頂きます。

釜玉.jpg

一回目の麺茹では少しあげるのが早すぎたみたい。
美味しいんですが、コシがあるというより若干硬い。残念、次こそは!!!

次に「鴨なんば」。
熱したフライパンでかも肉(鍋用の切ってあるお肉です)を入れ強火で焼いていきます。
片面がこんがり焼けたら取り出し、同じフライパンで4・5cmに切った白ねぎを
鴨から出た油で焼きます。

お鍋にだしと調味料を入れ沸騰したら、白ねぎを入れて再沸騰させます。
茹でた麺を水で洗って投入し、また再沸騰したら鴨を入れ火を止めます。
さあ出来上がり。

鴨なんば.jpg

うん。鴨最高!鴨の油がだしに出てうまみが増してます。ただ若干物足りない気も…

では鴨せいろに。。。

鴨なんばと同じく肉を焼き、(今回は両面)取り出した後に切ったねぎを焼きます。
鴨は焼き過ぎないように注意です。

ねぎに焼き色がついたら、だしと調味料を加え煮詰めます。
ねぎが完全にくたっとなったら鴨肉を入れ火を止めれば出来上がり。
麺は茹でた後、冷水で締めて盛り付けました。

鴨せいろ.jpg

…………美味しすぎ!!! コレ最高です。
私「今回は完敗でした」旦那の勝ち誇った顔は言うまでもありません(○`ε´○)


参考サイト
 旦那と結婚する時にめんつゆ使うならコレにしてと頼まれた 「めんスープ」


押して押して

↑ 記事を気に入って頂けたら1日1クリックお願いします m(.. )m
posted by バニラアイス at 00:30| Comment(2) | TrackBack(0) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。
手打ちうどんはすごいです!。ここ10年ぐらい作っていません。今度 子供達とやってみます。

鴨は涎物です。太さの違う2種類の麺もセンスが光っています。

色々と参考にさせていただきます。
Posted by バンダナ親爺 at 2006年10月12日 03:35
バンダナさんいらっしゃいませ。
いやいや 凄くないですよ (^ ^;)ゞ

作ってみると材料も手軽で捏ねるだけなので簡単でした。

バンダナさんも以前うどん作られた事あるんですね!
きっと子供さん達と一緒だと楽しいと思いますよ。
Posted by バニラアイス at 2006年10月13日 00:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。